Home>ママステトーク
北山 恵理

【寿元堂茶の日のお知らせ】・・・10/10日(水)、20日(土)、30日(火)

【寿元堂茶の日のお知らせ】・・・10/10日(水)、20日(土)、30日(火)

寿元堂薬局では、月に3回ほど「寿元堂茶の日」というお茶の相談のご予約をとる日を設けています。

「寿元堂茶の日」には、薬局内の一角で自分だけのオリジナルブレンド茶をお作りいただけます。

オリジナルブレンド茶を作るためには、カウンセリングの後、その日の体調もお伺いしながらその方に合った生薬を一緒に選んでいきます。

10月の「寿元堂茶の日」は10日(水)、20日(土)、30日(火)の3日間です。

原則として、毎月10日、20日、30日の3日間で予定しますが、休業日が重なった場合などは日程が前後する場合がございます。

オリジナルブレンド茶をご希望の方は、事前に寿元堂薬局(086-422-3518)までお問い合わせください。

※「寿元堂茶」に関するお問い合わせとお伝えいただくとスムーズです。

北山 恵理

漢方では、体質を虚証と実証に分けて考えます

リビング新聞社さんで定期的に連載している「漢方よもやま話」で、体質について漢方での考え方を書きましたので、こちらでもご紹介致します。

体力のある元気はつらつな実証の人。

体力がなく疲れやすい虚証の人。

上記の2つのイメージしやすいですが、お相撲さんのように体力も元気もある人でも弱っているときは虚証の傾向で考えなければいけない

こともあり、判断するのはなかなか難しいものです。

漢方薬を選ぶには、飲む人の体質や症状は無視することはできません。

薬局にもよく「○○という病気に効く漢方薬は何ですか?」とお問い合わせがありますが、意地悪をしているわけではなく、それだけの情報では薬を選ぶことは不可能です。

手軽に入手できる情報を鵜呑みにせず、漢方薬を試す際には専門家に相談しながら上手に利用してください。

以下、リビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/9/29号)

 

漢方薬は病名ではなく、体質や症状を目標に薬を選びます。

漢方では、人の体質は虚証と実証に分類され、虚証の人は元気や体力が足りておらず、病気に対する抵抗力が弱く、だらだらと不調が続く場合が多いとされています。

また、実証の人は元気や体力が充実しており、病気に対する抵抗力が強いため、激しい症状が出やすい傾向にあると考えられています。

原則的に、虚証の人には足りないものを補う補剤(ほざい)を、実証の人には余っているものを取り除く瀉剤(しゃざい)を選び、症状を治めていきます。

有名な補中益気湯(ほちゅうえっきとう)という漢方薬は、名前にもあるように中(体の中、主に胃)を補い、気を益する補剤です。

胃腸を整え、元気を付ける補中益気湯は、補剤の王様として医王湯(いおうとう)という別名もあるほど。

胃腸が丈夫でなく、疲れやすい人によく用いられる薬です。

漢方薬は適切に用いれば、特殊なアレルギーなどを除いて悪い副作用の心配はほとんどありません。

本来の目的とは異なる症状が改善するといううれしい副作用も多いものです。

しかし、虚実を見誤る誤治(ごち=誤った漢方薬の使い方)により生じた不都合な症状が、漢方薬の副作用とされることも多く残念なことです。

漢方薬は体質や症状を専門家に相談しながら上手に利用しましょう。

 

北山 恵理

【寿元堂茶の日のお知らせ】・・・9/10(月)、20日(木)、29日(土)

【寿元堂茶の日のお知らせ】・・・9/10(月)、20日(木)、29日(土)

寿元堂薬局では、月に3回ほど「寿元堂茶の日」というお茶の相談のご予約をとる日を設けています。

「寿元堂茶の日」には、薬局内の一角で自分だけのオリジナルブレンド茶をお作りいただけます。

オリジナルブレンド茶を作るためには、カウンセリングの後、その日の体調もお伺いしながらその方に合った生薬を一緒に選んでいきます。

9月の「寿元堂茶の日」は9/10(月)、20日(木)、29日(土)の3日間です。

原則として、毎月10日、20日、30日の3日間で予定しますが、休業日が重なった場合などは日程が前後する場合がございます。

オリジナルブレンド茶をご希望の方は、事前に寿元堂薬局(086-422-3518)までお問い合わせください。

※「寿元堂茶」に関するお問い合わせとお伝えいただくとスムーズです。

 

 

河田 恵子

【nail*plus5°】避難所訪問をさせて頂いて

こんにちは☆

おうちネイルサロンplus5°の河田です♪

 

先日、また避難所にてネイルケアやマニキュアをさせてもらってきました。(*^_^*)

ママステのネイリスト仲間、楠木亜弥夏ちゃんと一緒に☆

前回は2週間前にお伺いしたのですが、体育館に設けられた個室はもう半分ほどになっていました。

前回も、今までさせてもらっていたご家族が、そろそろ引っ越せそうと言われていたので、

みなさん次々と落ち着き先が見つかっているようです。

 

最初のほうは、先の見えない避難生活にやきもきされていたと思いますが、

少しでも癒しになればとマッサージや、片付けなどからの手荒れのケアをさせていただくことから始まり、

だんだんと、華やぎも欲しくなってきて、気晴らしにマニキュアを楽しんで頂いたり、

子どもも、キッズネイルで楽しいひと時を過ごしてもらったり、

何かどかんと解決できるような画期的な活動はできなくても、

微力ながら心のケアのお役に立ててたらいいなと思い活動してきました。

 

 

先日は、もう避難されている方も少なくなっていたのですが、

お子さんが2人いらっしゃったので、キッズネイルを喜んでくれました(*^_^*)

お父さんとお母さんは片付けに行ってるから、おばあちゃんと常駐されているボランティアさんに遊んでもらいながら過ごしているようでした。

一日も早く、家族で安心して過ごせるようになればいいな。

 

 

こうして私がボランティアに行かせて頂けたのも、

子育て応援団パピママさんのおかげでした。

パピママさん運営の方々が、常日頃、行政や教育機関と密に連携をとり、子育てに役立つ活動を続けてきたからこその信頼があってのことで、

避難所にはたくさんのボランティアさんやお見舞いの方々などが殺到した中、今までその土地に縁のなかった私を快く受け入れてくださったのだと思います。

中には悲しいことに、災害詐欺なども発生していると聞いたこともありました。

避難所で各所から来るボランティアさんたちを受けつける市や県の方々・小学校の校長先生などは大変ご苦労されたと思います。

最後まで、暖かく私たちの活動を受け入れてくださったことに感謝しています(*^_^*)

 

避難所は収束しつつあるようですが、まだお家が決まってない方、元々のお家の片付けがまだまだだったりと、完全に復興するまではまだまだかかりそうです。

避難所訪問という形はこれで最後かもしれませんが、これからもその時その時自分ができることをやっていこうと思います。

 

 

9/22.23に総社の総社宮参道でのお祭り『宮筋ものがたり』に今年も出店させて頂けます♡

私は9/22はブックランドあきばなので、9/23のみの出店になりますが、

避難所の際にさせて頂いた方や子どもたちに会えるかもと思うとたのしみです(*^_^*)

ママステトーク