Home>活動案内>ギャラリー>ライフスタイル
安井 由美子

◆◆お正月の大福茶と干支菓子◆◆…ポーセラーツdeティータイム…

岡山・倉敷・玉野ポーセラーツ・グルーデコサロンRainbow Roseです。

 

お正月のティータイムです。

 



展示会でも好評だったので我が家用にも作ったこちらの湯呑と角皿で…

 



 

源吉兆庵 さんの干支菓子戌を…



 
 

黄味羽二重餡で餡を包んだ干支菓子ほろほろとしたくちどけで私の大好きなお味でした。

 

そしてお正月ということでの大福茶をいただきました。

 



大福茶とは1年の無病息災を願う縁起のよいお茶でお正月だけのスペシャルなお茶です。



平安時代からある縁起物のお茶で、読み方は「だいふくちゃ」だったり、「おおぶくちゃ」など色々呼ばれています。



京都や関西で年の初めに、新年の喜びとその年の無病息災を願って飲むお祝い茶で、梅干や結び昆布などが入っていることが多いです。



「大福茶」の起源は平安時代都に疫病がはやった時に空也上人がお茶を人々に施したところ、多くの病人が平癒し疫病が収まりました。

 


その功徳にあやかり、村上天皇が毎年元旦にこのお茶を服すようになり、これを王服茶、皇服茶などと呼ぶようになりました。

庶民に幸福をもたらす意味の「大福」の文字が当てられ、縁起のよいお茶として今日まで伝えられているそうです。

 
 通常煎茶やほうじ茶などが多いのですがこちらの小山園 のものはお抹茶でした。

 


 



 
  
久しぶりにいただいたお抹茶ですがよ上品な甘さの和菓子と本当によく合い美味です。

 

お正月らしく金の効いた器でいただくおめでたいお茶と和菓子…日本人でよかったと思える瞬間です。

 

ママステトーク